個人情報の取扱いについて

共済組合は個人情報の保護に関する法律に基づき、下記により個人情報の安全管理と適正な取扱いに努めます。

(総合健診にかかる健康情報の取扱いについては こちら

1. 個人情報保護方針

福岡県市町村職員共済組合個人情報保護方針

福岡県市町村職員共済組合(以下「組合」という。)は、「個人情報の保護に関する法律」に基づき、以下の方針により、組合が保有する個人情報の保護に努めます。

1. 法令の遵守

組合は、組合が保有する個人情報の保護に関する法令等を遵守します。

2. 組織及び体制

組合は、個人情報保護管理者を設置し、個人情報の適正な管理を行うとともに職員等に対し、個人情報の保護及び適正な管理方法について研修を実施し、個人情報の適正な取扱いを徹底します。

3. 個人情報の取得と利用

組合は、個人情報の取得にあたり、その利用目的、利用方法等を明らかにし、取得した個人情報はその範囲内で業務遂行上必要な場合に限り利用します。

4. 個人データの管理

組合は、個人データの正確性を保持し、また個人データの漏えい、滅失、き損等を防止するための適正な対策を講じます。

5. 個人データの第三者提供

組合は、法令に基づく場合等を除き、本人の同意を得ることなしに、個人データを第三者に提供しません。

6. 保有個人データの開示、訂正、利用停止等

組合は、本人が自己の個人データについて開示、訂正又は利用停止等の申出があったときは適切に対応します。

7. 継続的改善

組合は、適切な個人情報の保護を維持するため、常に個人情報の取得及び管理の状況等を把握し、必要に応じて個人情報の保護のための措置を改善します。

平成19年4月1日
福岡県市町村職員共済組合

個人情報の取扱いに関する問合せ先

福岡県市町村職員共済組合 総務課

電話番号092-651-2511

2. 共済組合の保有個人データの内容

3. 共済組合における個人情報の利用目的

4. 個人情報の第三者提供

個人データについては、次に掲げる場合を除いては、本人の同意を得ることなしに第三者に提供しません。

  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  3. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  4. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。

なお、レセプトの点検など、利用目的の達成に必要な範囲内において業務を委託する場合や、共済組合内の他の部署との情報交換については第三者提供に該当しません。

5. 保有個人データの開示等

組合は、本人から自己の個人データについて開示、訂正、利用停止、第三者への提供停止又は利用目的の通知等の申出があったときは、本人に対して書面等の交付により個人データの開示等を行います。

開示等の申出者の範囲

  • 本人(個人情報によって識別される特定の個人)
  • 本人が未成年者又は成年被後見人である場合における法定代理人
  • 開示等の申出をすることにつき本人から委任を受けた代理人

開示等の申出方法

開示等の申出を行う場合は、共済組合の所定の様式「個人情報開示等申出書」を提出してください。また、申出者の確認を行う為、本人又は本人の代理人であることが確認できる書類等を申出書に添付していただきます。

問合せ窓口

開示等の申出手続については下記までお問い合わせください。

福岡県市町村職員共済組合 総務課

電話番号092-651-2511

6. 共済組合の情報セキュリティ対策

共済組合では情報セキュリティ対策についてつぎの定めをしています。

7. 共済組合における個人番号及び特定個人情報の取扱いについて

共済組合では、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号)」の施行に伴い、次の定めをしています。

PageTopPageTop

使い方ガイド

メニュー

メニュー